説明会予約はこちらから

MENU
先輩オーナー紹介

オーナーインタビュー

65歳コンビニ経営者、ミニストップ20年の大胆決断はリプレイス!成功の秘訣とは

篠田オーナーさま

篠田オーナー ミニストップ  幸手下川崎店

#男性オーナー 
 

不動産業界から転職した篠田さん。会社から独立し、コンビニ経営者としてミニストップのフランチャイズに加盟と言う大胆な選択を行われました。経営する「ミニストップ幸手下川崎店」は店舗のリプレイスを行った経緯があります。おかげで売り上げがさらに上がったとか。インタビューでその成功の秘訣に迫ります。

  • オーナーインタビュー
  • ピンチをきっかけに「独立」へ
不動産業界との別れ、コンビニ経営者として独立

先行きのの見えない世の中。年金の支給年齢はどんどん遅くなり、一生働かなければならない時代と言えそうです。一方で、長時間労働も問題視され、ワークライフバランスも大切にされるようになってきました。
一般的にはハードなイメージのあるコンビニ経営ですが、朝6時に出勤して4時間後の10時には帰宅、という働き方をしているコンビニ経営者がいます。
その経営者「ミニストップ幸手下川崎店(埼玉県)」の篠田さんは2018年で65歳。ミニストップに加盟して20年以上が経ちました。一般企業だとそろそろ定年という年齢ですが、今も新しい挑戦を続けています。

篠田さんがコンビニ経営というかたちで独立したのは、バブルの崩壊がきっかけでした。
「あれからもう20年以上経つんですね…。私は最初、不動産関係の会社で総務や人事を担当する普通のサラリーマンでした。しかし、バブルの崩壊に直面して…。不動産関係だったため、会社は大きなピンチに陥りました。私もこのままこの会社にいて大丈夫なのかと危機感を覚えて、転職を考え始めました。最初は慣れ親しんだ不動産関係で転職したいと思ったんですが、どこの会社も打撃を受けているので、満足できる条件の募集はなくて。また、他の会社に行ったり、まったく違う業種で再就職したとしても、下のポジションからのスタートとなる。それまでの会社では中間管理職として働いていたので、今からまた人の下で働くよりも、独立するほうがいいかなと考えるようになったんですよ」(篠田さん)

バブル崩壊までは会社で一生勤め上げることを疑っていなかった篠田さんですが、会社のピンチをきっかけに「独立」が視野に入ってきました。
仕事をしながらいろいろと情報収集する中で、ミニストップのフランチャイズ募集の広告が目にとまりました。
「新聞を読んでいたら、たまたまミニストップのフランチャイズオーナー募集の広告があったんですよ。まだフランチャイズのこともよくわかっていなかったのですが、広告を見て『これでいいだろう』と。軽い気持ちでしたね」(篠田さん)

ミニストップへの加盟を決心した篠田さんは、15年ほど勤めた不動産関係の会社に辞表を出します。いろいろ考えて、奥様を共同経営者としてオーナーを任せ、自分はマネージャーとしてコンビニ経営をする道を選びました。40歳を過ぎて、人生の大きな転機を迎えたのです。

  • オーナーインタビュー
  • 考えた結果、奥様と共同経営
サラリーマンからの転身 手探りのコンビニ経営スタート

会社を辞めて、初めて篠田さんがコンビニをオープンしたのは、現在の「ミニストップ幸手下川崎店」ではなく、同じ埼玉県でも大宮エリアでした。
「20年前は、コンビニも今のようにあちこちにある身近な存在という感じではなかったですね。どちらかというと、一人暮らしの男性がお弁当を買いにくるところ、というイメージ。今は子どもからお年寄りまで幅広い層のお客さまにご来店いただきますが、当時はそんなことはありませんでした。主婦層の方が来られることはほぼなかったですね」(篠田さん)

篠田さんもコンビニのことをよく知らずに店をオープンしたため、最初は手探りで、「こんなはずではなかったのに」と感じたこともあったと言います。
「それまでずっと会社員でいたので、フランチャイズのしくみそのものをよくわかっていなかったんですよね。店の売り上げがよくても悪くても収入は保証されているような気がしていました。でも、コンビニの経営者はミニストップの社員ではないので、そんなことはあるわけがない。店の売り上げからロイヤリティを引き、仕入れや人件費といった経費を引き、そうして残ったものがはじめて自分の収入となる、そんな基本的なことも理解していなかったんです。最初に収入があったときは、経営者としての喜びよりも『思ったより少ないな、あれだけ頑張ってもこれだけしか稼げないのか…』と不安になりましたよ(笑)」(篠田さん)

その後、試行錯誤を重ねるうちにコンビニ経営は軌道に乗っていきました。ただ、一生懸命頑張っても売り上げは思ったほど伸びないまま、契約期間の7年が過ぎていきました。

  • オーナーインタビュー
  • 本部からの勧めで心機一転
心機一転 本部からの勧めでミニストップ幸手下川崎店をリプレイスオープン

ミニストップのコンビニを経営して7年。契約更改の時期を迎えた篠田さんに、本部から新たな提案がなされました。
「現在の店舗は閉めて、大宮の中のほかの場所で再スタートを切ってはどうか、と言われたんです。なかなか売り上げが伸びない中でも一生懸命やっている姿を見て、評価してくれていたんでしょうね」(篠田さん)
伸び悩みを感じていた篠田さんはこの提案を受け入れ、大宮エリアに別の店舗をリプレイスオープンすることにしました。その後、新店舗の近くにもう1店舗出店し、複数店舗の経営に乗り出します。
ただ、2つの店舗を経営しても売り上げは思うように伸ばすことはできず、悩みの日々は続きました。
そうしているうちに、また7年の月日が流れました。

「リプレイスしてから7年後に『更新しますか』ときかれました。でも、売り上げがよくなかったので『更新したくない』と返事をしたんです。すると、もう一度リプレイスの提案がありました。それが、今の幸手下川崎店の場所です」(篠田さん)

篠田さんは本部からの提案を受け入れ、ミニストップ幸手下川崎店をオープンします。初めてコンビニ経営の道に入ってから14年の月日が流れていました。

場所を移動したミニストップ幸手下川崎店は、それまで経営してきた3店舗よりは売り上げを伸ばすことができました。
また、リプレイスとあわせて篠田さんが常に大切にしてきたのが、スタッフとの関係です。長く働いてくれるスタッフが多いことが自分の店の自慢だと篠田さんは言います。
「うちの店は、3年、5年と長く働いてくれるスタッフが多いんです。経営者としては、人件費のことを考えるとスタッフが入れ替わって時給が安いほうがいい、というのが本音なんですよ。でも、長く働いてもらえると、店舗の運営も安心して任せられるし、接客スキルも上がるのでお客さまからのクレームも減る。うちの店舗ではクレームは一切ありません。時給を上げることでスタッフが長く働いてくれて、モチベーションの維持につながるのなら安いものですよね。新人が入ったときも、トレーニングは全部スタッフに任せています。」

ただ、時が経つにつれて、いろいろと努力しているにもかかわらず、ミニストップ幸手下川崎店の売り上げはだんだん伸び悩んでいきます。
「リプレイスして、最初のころは好調でした。でも、新店舗に移って7年、10年と時間が経つと、建物全体がなんとなく古びてくるんです。コンビニはたくさんあるし、同じ買い物をするなら新しいお店のほうがいいってなりますよね。きれいな商品棚に並んでいると、商品も新鮮に見えますし」(篠田さん)

そんな悩みの中にある篠田さんに対して、ミニストップのフランチャイズ本部からまた新しい提案がありました。
「店舗を建て直してみませんか」
これこそが、篠田さんにとって大きな転機となるのです。

「最初は、店舗が古くなってきたので、『ここを直したい』『あそこを直してほしい』とミニストップの本部のほうに要望を出していたんです。すると、『ちょこちょことリフォームするよりも、いっそのこと建物全部を建て直してみるのはどうですか?』と言われたんです。しかも『費用は本部が全部負担します』と。すごい話ですよね」

フランチャイズ本部からの提案はそれだけではありませんでした。現在は土地の中央に建っている店舗を、建て替える際に後ろにずらしてはどうかと言われたのです。そのほうが集客につながり、売り上げも伸ばせる、と。この本部からの積極的な提案に、篠田さんは店舗の建て替えを決心します。
「普通のコンビニだとフランチャイズ本部が上で加盟店は下、という関係ですが、ミニストップの本部は加盟者とフラットな立場で話をしてくれるんですよね。あのときミニストップと契約してよかった、と20年たった今しみじみ思いますね」(篠田さん)

こうして、2018年4月に、ミニストップ幸手下川崎店は同じ敷地の中で店舗を建て直して、再オープンします。

  • オーナーインタビュー
  • 同じ敷地の中で店舗を建て直して、再オープン
店は経営者だけでは作れない スタッフとの関係で大切にしていることとは?

建て替えて新しくきれいになった店舗は好評で、再オープンすると順調に売り上げを伸ばしていきました。本部の開発担当がシミュレーションしていた計算よりも上の数字が出たのです。
「やはり、建て替えの費用は大きかったので、それが取り戻せるのか心配でしたが、売り上げが伸びて本当に安心しました。ドリンクやアイスクリームが売れるので、春よりも夏のほうが売り上げが増えるのは毎年のことなんですが、それを考えても好調です」(篠田さん)

そして、この建て替えが成功したのはスタッフの力が大きかったと篠田さんは言います。建て替えのために店を営業することができない期間が1ヵ月ありました。その間、スタッフは収入がなくなってしまいます。この店を辞めて、ほかのアルバイトに移ってしまってもしかたがない、そう篠田さんは考えていました。
「でも、スタッフは全員辞めずに戻ってきてくれたんです。このときは本当にうれしかったですね。うちの店は頼りになるスタッフが揃っているので、私は朝6時に出勤して、発注などを終わらせると、午前中の10時にはもう退勤しています。この間は、3日間の休みをとって、和歌山の息子の家に孫の顔を見にいってきましたよ。スタッフとコミュニケーションを取らなければと特に意識しているわけではありません。人と話をするのが好きなので、自然に、という感じですかね」
そう言って篠田さんは笑います。

時代とまわりの環境の変化に柔軟に対応しながら、スタッフを大切にして店舗を経営してきた篠田さん。
これからも、経営者、フランチャイズ本部、そしてスタッフが力を合わせて、魅力的な店舗づくりと売り上げ増を実現していきます。

オーナー一覧へ